シェブロンアメシストjewelry✨

シェブロンアメシスト~縞模様のアメシスト。紫色の透き通ったアメシストとクォーツが縞模様になった石で、シェブロンが山形模様を意味することからこの名がつきました。アメシストは紫色をした水晶で、これは内部に微量の鉄イオンを含んでいるからだそうです。

今年最後に制作したのは、このシェブロンアメシスト(画像左)✨

少し大きめ5セントほどの石をゴールドワイヤーでドレスアップして欲しい~という事でしたので、イメージを形に制作してみました🍀

表面に付けたビーズのお花は、安定した精神~三位一体(心頭体・心技体)に光を加え四位一体を表現したもの。光はインスピレーションや守護・勇気の後押しなど…その時々に変容しながら、持ち主に寄り添う。

裏面は、新しく開かれた扉をイメージしています🌈✨

サポートクリスタル~アメシスト・アイオライト・グリーンオーラクリスタル・水晶・ガーネット・ヘマタイト・淡水パール

ローズの香りの中で生まれた子です🌹💕

先日、Kuthumiワークや個人レッスンで、皆さんにお渡している“ガイヤカード”の制作者である“中野裕弓さん”が配信されたロミコミを受け取り、その内容が素敵だったので、ここで一部を紹介したいと思います❣️

「知足のつくばい」
幸せについて思うとき、京都の龍安寺で見つけたこんな光景を思い出します。
庭に置かれた丸く平べったい石のつくばい(手水鉢)に こんな素敵な文字のデザインがありました。
真ん中に四角い“口”の字があります。その上に“五”という部位を乗せると“吾”(われ)という字になります。続いて“口”の右側に部位を付け足すと“唯”(ただ)となり、“口”の下に付け足すと“足”(たる)になります。最後に“口”の左側に部位を書き足すと“知“(しる)いう文字に。
このデザインを上から右回りに読んでいくと「吾、唯、足、知」(われ ただ たるを しる)となりますね。
足るを知ること、今ある現実を満足とし 有難いと感じる心を持てることが幸せなこと、それが人間にとっていかに大切かを教えてくれる先人の知恵です。
足るを知れば 自ずと感謝することが増えるので幸せ感は倍増し、あなたの周りに広がります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP