Kuthumistyle®各種個人レッスン内容🍀

 

【 Kuthumistyle®Jewelry 個人レッスン各種style説明 】

Kuthumi®では、Kuthumistyle®Jewelryアーティスト養成講座・基本編(①②③)を終えた後のレッスンとして、作ってみたい各種styleの個人レッスンを承っています。

Kuthumi®が今まで生み出した沢山のJewelrystyleの中から、ご希望に応じてお伝えしているjewelryレッスン。この各種styleのレッスンを受講した方は、受講したstyleの販売権利を得、制作販売が出来るという事になります。

基本編を終えた方で下記のstyleを作ってみたい方は、Kuthumi®までお問い合わせくださいね🍀

●2つ繋げstyle~2つ以上の石を縦に繋げて制作するstyle。これは2種類制作の仕方があるので両方をお伝えします。

 

●下にモチーフstyle~石の下にKuthumi®オリジナルのモチーフで作ったリースを繋げて制作するstyle。これは2種類の制作の仕方があるので両方お伝えします。

 

●S字style~雫形の石のとがっている所を下にし、その下に水晶の10ミリビーズをセットして、その2つの石の周りにS字を描くようにワイヤーでデザインしていくstyleです。

 

●トンボ&蜂style~細長い石をボディにして、トンボや蜂に見えるようにデザインしていくstyleです。

 

●包むstyle~♡を包むようにデザインしていくstyleです。

 

●サンフラワーstyle~表面は太陽、裏面はひまわりのようにデザインしていくstyleです。

 

●リボンstyle~クリスタルビーズにリボンを付けてチャームを作り、それを石と組み合わせてデザインしていくstyleです。

 

●朝露に蜘蛛style~下にクリスタルビーズで作った蜘蛛のチャームを作り、表面は蜘蛛の巣に朝露がついたデザイン、裏面はドリームキャッチャーのように多種類の色でデザインしていくstyleです。

 

●光の模様style~片面はKuthumi®オリジナルのモチーフで飾り、もう片面は自分の好きな模様をワイヤーで描くstyleです。

 

●編み込みstyle~一度に2本のワイヤーを使い、計4本を編み込みながら、モチーフを作りながら制作するstyleです。

 

●スワンstyle~大小2つの石を白鳥に見立てて制作するstyleです。

 

●幸運を呼ぶ天使style~大小2つの石を使い、飛んでいる天使のようなstyleに。手には、花束・りんご・ぶどう・さくらんぼ・ミニ天使チャームがその時の気分で付け替え可能なjewelryに仕上げます。

 

●月style~四角い石と大小のクリスタルビーズを使った月のstyleです。

 

●クリップガーデンリースstyle~多種類のKuthumi®オリジナルのモチーフのクリップ作り、リースの額に集わせます。

 

●花籠style~多種類の花のモチーフで作った花籠に、蝶とトンボが止まっているようなstyleです。

 

●鍵style&十字架・鍵~ワイヤーとクリスタルビーズで作った十字架と鍵。石を入れて鍵にドレスアップする鍵styleです。

 

●グラウディングstyle~ワイヤーとクリスタルビーズで作った木。りんごのチャーム。石に根付かせた木のstyleです。

 

●梅雨の1日&花火style~クリスタルビーズで作ったかたつむりチャームを、梅雨と紫陽花で作ったモチーフと組み合わせて制作したstyle。加えて、夜空に咲く花火の作り方をお伝えします。

 

●鍵+グラウディング+梅雨の1日&花火=コンプリートした方に、傘styleをお伝えしています。石とクリスタルビーズを組み合わせて、雨粒が滴った傘を作るstyleです。

 

●フラワーリースstyle~石とKuthumi®オリジナルのモチーフを組み合わせたリースのようなstyle。そこから多種類のデザイン変わりがある、Kuthumistyle®で一番デザインレシピが多いstyleです。

 

●波style~葛飾北斎の神奈川沖浪裏を石に描きたくて作ったstyleです。

 

●ロータス&リリィstyle~上から光の糸が降りてきたような蓮の花のstyleと百合の花のstyleです。

●アニマルstyle~うさぎ・くま・犬・りすのアニマルを石やクリスタルビーズと組み合わせて作るJewelryとチャームを沢山作ります。

 

●凹style~石をとめる箇所が凹の部分だけ。同じ大きさで両面研磨されている石であれば、着脱可能なstyleと、同じstyleのアレンジでチューリップとバックをお伝えし、どれか2つを作ります🌷👜✨

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP